読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

simanのブログ

ゆるふわプログラマー。競技プログラミングやってます。Ruby好き

topcoder初参戦

topcoderのSRM568に参戦してきました。

 

topcoderにはレーティングによってDiv1とDiv2に分かれているらしいですが、

自分は初参戦でレーティングも何もないのでDiv2での参加となりました。

 

SRMの流れとしては

・コーディングフェーズ

問題を解くフェーズです。

 

・インターバル

5分間の休憩

 

・チャレンジフェーズ

相手のコードを閲覧出来るようになり、相手のバグを浮き出させるテストケースを

見つければ相手を撃沈させることができます。

 

と、こんな感じだったのですが

 

* 問題文が英語 *

 

英語苦手の自分にはちょっとつらかったです。90分の時間のうち60分は問題理解

に時間をかけたような気がします。(問題自体はかなり簡単でした)

 

そのせいか、問題も1問しか解けず散々な結果となりました。

 

そして次はチャレンジフェーズ。このフェーズは個人的に面白かったです。

チャレンジフェーズでは相手のバグを見つける作業になるのですが、

 

* テストケースすら通っていないコードがある *

 

「とりあえず出してみた」なのかどうなのかわからないですが、こういった

ケースはすぐに撃沈対象です。あとは

 

* ソースが汚すぎて読めない *

 

あるいみチャレンジフェーズ対策かもしれないです。15分の時間しかないので、

サッと見てアルゴリズムのコア部分を探すんですが、ぱっと見分からないコード

とかはすぐに諦めました。

 

今回の参加で色々反省点が出来たので、次回の参加ではもっと上位に食い込めるよう

頑張りたいと思います。